menu

学校紹介

卒業の認定に関する方針

卒業認定基準

所定の単位修得を認定し教育課程を修了した者について,卒業時到達度評価、学習評価、出席状況を勘案して,学校運営会議の議を経て決定する。

 

 卒業生像(卒業時到達度)

  1. 生命の尊厳と人間の尊重が理解できる。
  2. 感性を磨き、対象の気持ちを理解し共感的態度で接する事ができる。
  3. 人間を身体的、精神的、社会的な側面から統合体として理解できる。
  4. 科学的思考をもって看護が実践できる。
  5. 対象を取り巻く危険因子が判断でき危険を回避した看護が実践できる。
  6. 保健・医療・福祉チームにおける看護職としての役割を理解し、責任を自覚して、チームメンバーと協調できる。
  7. 自己の向上を目指し、看護を継続して探究する姿勢を持つ事ができる。
PAGE TOP