menu

学校紹介

沿革

本校は当初、准看護師養成からスタートしました。まもなく、夜間の看護師2年課程が併設され、准看護師の資格を持ったたくさんの先輩方が、昼間は医療機関で勤務しながら、夜間3年間学んで看護師の資格を取得してきました。その後は、夜間の課程を昼間に切り替え、昼間の2年間学んで看護師の資格を取得する課程へと変わりました。そして現在、レギュラーコースと呼ばれる3年課程へと移行いたしました。長い歴史の中で、より勉強に集中できるような体制に変わってきました。現在も本校のたくさんの卒業生が、県内外の多くの医療機関で活躍し、地域医療に貢献しています。


昭和39年 4月准看護学院開校(定員50人)(鹿児島市西千石町)
昭和45年 4月高等看護学院開校(定員35人)
昭和46年12月各種学校指定
昭和56年 3月准看護学院・高等看護学院を合併
校名を鹿児島県医療法人協会立看護専門学校に改称
高等課程(准看護婦)・専門課程(看護婦2年課程・定時制)の2課程を設立
専修学校指定
昭和62年 4月
学校移転(鹿児島市柳町)
平成 3年 4月専門課程(看護婦(士)科)定員増(35名から40名へ)
平成 8年 3月法改正に基づく高等課程の廃止(准看護師養成課程卒業生総数1,640名)
平成 8年 4月2年課程全日制(定員40名)開校
平成 9年 3月現所在地へ学校移転(鹿児島市中山町878番地1)
校舎面積(鉄筋コンクリート2階建)1,401㎡
校庭及び駐車場面積 7,501㎡
計8,902㎡
平成10年 3月法改正に基づく2年課程定時制の廃止(定時制卒業生総数 937名)
平成10年 4月
全日制定員変更(40名から80名へ)
平成13年 4月全日制定員変更(80名から40名へ)
平成14年 4月3年課程全日制(定員40名)開校
平成15年 3月法改正に基づく2年課程全日制廃止(昼間全日制卒業生総数 348名)
平成17年 3月3年課程全日制第 1 期生 41名卒業
平成18年 3月3年課程全日制第 2 期生 32名卒業
平成19年 3月3年課程全日制第 3 期生 35名卒業
平成20年 3月3年課程全日制第 4 期生 39名卒業
平成21年 3月3年課程全日制第 5 期生 35名卒業
平成22年 3月3年課程全日制第 6 期生 37名卒業
平成23年 3月3年課程全日制第 7 期生 37名卒業
平成24年 3月3年課程全日制第 8 期生 43名卒業
平成25年 3月3年課程全日制第 9 期生 43名卒業
平成26年 3月3年課程全日制第10期生 42名卒業
平成27年 3月3年課程全日制第11期生 40名卒業
平成28年 3月3年課程全日制第12期生 37名卒業
平成29年 3月3年課程全日制第13期生 39名卒業
平成30年 3月3年課程全日制第14期生 35名卒業
平成31年 3月3年課程全日制第15期生 40名卒業

4月現在
全卒業生数 3,500名
3年課程全日制在校生 120名
(第16期生38名 第17期生43名 第18期生39名)

PAGE TOP