menu

学校紹介

成績評価における客観的指標の設定

成績評価は試験・出席状況・実習評価表・記録物を総合して行う。4段階評価とし、優(80点以上)良(70~79点)可(60~69点)不可(59点以下)とし、可以上(60点以上)を合格、不可(59点以下)を不合格としている。
学年末に本人・家族に成績表を発送。
成績評価は履修科目の成績を点数化し、全科目の合計点の平均を算出し、順位付けし、それを把握している。

令和元年度 成績の分布状況

客観的な指標の算出方法

履修科目の成績評価を点数化し、
全科目の合計点の平均を算出する(100点満点で点数化)


学科名…看護学科
学 年…3学年
学生数…38人

指標の数値 〜50点 51〜60点 61〜70点 71〜80点 81〜90点 91〜100点
人数 0 0 1 12 24 1

下位1/4に該当する人数…10人
下位1/4に該当する指標の数値…79点以下

PAGE TOP